舌(ベロ)ってすごいな

 食事をしていたら、もう思いっきりベロ)を噛んでしまいました。その瞬間は、すごい悶絶ものでしたが、しばらくして痛みは治まり、「良かった~」と思いつつ、食事再開。

 そうして、2~3日経過したところ、すごく舌(ベロ)が痛くなりました。その時、「あ~、あの時の~……」っと思い、口の中の舌(ベロ)を確認してみると、切れていました。
 食事の時は、血が出ていないようだったのですが……それで安心もしていたんですが、甘かったですね。

 そうして、舌(ベロ)の痛みがきつくなり、しゃべるのも食べるのも厳しい状態に陥りました。
 熱いモノはしみるし、だったら、そばとか麺類はどうかというと、麺を噛み切る時に舌(ベロ)を使うと痛い……と、ちょっとモゴモゴしながら、食べることに。

 そこで、歯医者さんに診てもらったところ、「結構、切っちゃってますね~」と。さらに、炎症を起こしているそう……。
 口をすすいで消毒する、うがい薬みたいをもらい、1日4回(朝、昼、夜、寝る前)口をすすいで、処置することになりました。
 まぁ、朝、夜、寝る前の3回になることもありますが、約2週間ほどで治るそうです。

 これまで、舌(ベロ)を普通に使っていましたが、今、こうして、舌(ベロ)がちょっと不自由まではいかなくても、痛くて思うように使えない状態になって、舌(ベロ)のすごさを実感しています!
 話す時も食べる時も、舌(ベロ)を自由自在に操って、目的を堪能しているわけです。それらの際、どれだけ舌(ベロ)が重要な役割を担っていたかを実際、ちょっとした不自由になって、その重要な役割だった・当たり前のような存在だった舌(ベロ)のありがたさを痛切に感じています。

 はやく治して、話すのも食べるのも、十分に楽しみたいと思っています(笑)。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)