気楽にアクションを楽しめる、映画「G.I.ジョー」

 結構、気軽の楽しめる映画でした。

世界征服を企む悪の組織“コブラ”が、各地で活動を活発化させる1990年代。あらゆるものを破壊する威力を持つ最強兵器ナノマイトがコブラ一味の手に渡ってしまう。パリのエッフェル塔が破壊されるなど、コブラの脅威が世界各地を襲う中、アメリカ政府は世界各地の精鋭を集めた史上最強の国際機密部隊“G.I.ジョー”に願いを託す。
(あらすじより)」

 この映画の科学技術、現実世界でも近くまで達成されているのでは、っとなるぐらいでした(笑)。そうなると、怖いですが。
 と、映画は気楽に楽しめる内容でした。物語の展開もスムーズに、展開されていて、アクションもユーモアアリで、見ていて面白かった。
 ただ、その軽さがいいのでしょうが、悪い意味では物足りなさも。スリルはそんなに感じない展開で、スリルはなく、気楽にアクションと物語を楽しめる感じでした。

★★☆)(★5満点、★=1、☆=0.5

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)