ビッグデータへの注目度が高まっているが

 雑誌「FOREIGN AFFAIRS REPORT(2013 NO.6)」。
 冒頭に「復活した日本――安倍晋三首相との対話」のインタビュー記事。そして、その次に「崔天凱駐米中国大使が語る 北朝鮮、日本、そしてアメリカ」の記事。

 興味深かったのは、「ビッグデータの台頭」の記事。今、ビッグデータの注目度が高まっているのですが、そのビッグデータの注意点なりが盛り込まれていました。

 「サイバー諜報とネットワーク破壊の垣根はない――バーチャル諜報から物理的破壊へ」の記事。

 これらの記事が興味深かった。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)