環境問題を大きく抱える中国

 雑誌「FOREIGN AFFAIRS REPORT(2013 NO.5)」。
 EU(欧州連合)では、緊縮財政が強くうたわれ、それによる反発……などといった問題になっています。そこで、「緊縮財政という危険思想」という記事で、その緊縮財政はどうなのか、ということがありました。

 環境問題では、世界でもトップクラスになった環境汚染度の中国。「世界に汚染を拡散する中国の環境破壊――中国による大気・海洋汚染の実態」の記事で取り上げられていました。
 さすがに厳しい状況であるため、環境技術への投資もしかけてはいる中国ですが、環境への問題はまだまだ問題が山積みだということがありました。

 興味深かったのは、「ブレトンウッズを設計したアメリカ人――デクスター・ホワイトはソビエトのスパイだった」、「「ビッグデータ」のポテンシャルと文化」。
 東地中海に広がる領有権問題も深刻になりつつあるという「東地中海天然ガス資源と領有権論争」の記事。尖閣諸島などの領土問題が深刻になっているのはアジアだけではないこと。

 などといった記事が興味深かった。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)