懐かしのファミコン

 ゲーム機の元祖ともいえるファミリーコンピュータ(通称:ファミコン)。懐かしいですね~~(笑)。
 インターネットでネットサーフィンしていたら、「わたしのファミカセ展 2013」というイベントを見つけました。

 「吉祥寺」駅から歩くこと約5分。この建物の2Fにありました。

  

 

 店内に入ると、ファミコンのカセットがずらり。
 壁に展示されているカセットを見ていると、何か「なんだろう?」不思議な感覚に陥りました。そこで、よくよく案内を読んでみると、その理由がわかりました!?
 実は、私の勘違いが原因。この展示会、私はファミコンカセットの展示かと勝手に思っていましたが、実は、幼少期をファミコンに育まれた様々な職種のクリエーターが、ファミカセのラベルをキャンパスにデザインする展示だそうで、一般公募作品を含めた89本のファミカセが展示されていました。
 それを理解して、展示されているカセットのタイトルが理解できました。いろいろありましたよ、デッドボールを喰らう「デーッドボーラーあたろう」とか、「実録 利権ハンター」とか(笑)。

 

 でもでも、それだけではありませんでした。なんと!? 懐かしのファミコンのゲームカセットがありました。くにおくんのドッジボールとか(笑)。

 ダブルで楽しめた展示でした。

 

開催概要
クリエイターによる、夢のファミカセ製作展「MY FAMICASE EXHIBITION わたしのファミカセ展 2013」
・期間:2013年4月27日~2013年5月31日
・場所:METEOR(東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-7 2F)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)