地球の上に生きる2013

 DAYS JAPANフォトジャーナリズム写真展地球の上に生きる2013」が、新宿のコニカミノルタプラザで開催されています。

  

 

 月刊誌「DAYS JAPAN」は今年で、9周年になるそうです。そのDAYS JAPANが開催する「地球の上に生きる」展も続いています。

 このDAYS国際フォトジャーナリズム大賞は、「人間と自然の尊厳が脅かされている状況を告発する作品、および人間と自然の尊厳を謳いあげる作品」が審査基準となっています。

 戦争、災害、環境汚染など地球の真実の姿を伝える世界のフォトジャーナリスト達の作品の数々が展示されていました。
 シリアの紛争、ニジェールの紛争と干ばつ問題、スーダンの難民問題、ソマリアの戦場、そして、原発問題と震災問題などの他、サメとのハイタッチの写真が面白かったアニマルワールドやチェルノブイリと福島、など数々の写真が展示されていました。

 会場には、最終審査の様子の映像などもありました。5月17日までなので、よかったらどうぞ!

 

開催概要
DAYS JAPANフォトジャーナリズム写真展「地球の上に生きる2013」
・期間:2013年5月3日(金)~2013年5月17日(金)
・場所:コニカミノルタプラザ ギャラリーB&C(東京都新宿区新宿3-26-11 新宿高野ビル4F)
・時間:10時30分~19時(最終日は15時まで)

 第2会場のキッド・アイラック・アート・ホール(世田谷区)でも、5月19日まで写真展が開催されています。第9回DAYS国際フォトジャーナリズム大賞の受賞作品の展示です。

  

開催概要
・期間:2013年5月3日(金)~2013年5月17日(日)
・場所:キッド・アイラック・アート・ホール 3-4F
・時間:12時~19時

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)