平和を求め、台東区を歩きました(4)

台東区平和史跡マップ」!

 台東区にあります平和に関連した史跡が掲載されていました。戦争の悲惨さを伝える活動は続けられていますが、世界中で紛争問題は後を絶ちません。日本も過去は戦争を経験し、先のイベントでも戦争の悲惨さを伝える活動は続けられています。東京にやってきて、こうしたイベントを見に行ったりしていましたが、台東区平和史跡マップを見まして、戦争に関連する史跡など、まだまだ知らなかったところはありました。
 そこで今回、浅草周辺からこれらの史跡を巡ってみました。

はなし塚

  

  

 昭和16年10月、太平洋戦争へ向かう戦時下に落語界で時局にあわない禁演落語53種を選び、これらの作品と落語界先輩の霊を弔うため建立。塚には禁演となった落語の台本などが納められたそうです。
場所:寿2-9-7 本法寺境内

平和宣言

  

 

 昭和36年12月、台東区は「台東区平和宣言」を行う。総和49年9月に宣言文の記念碑を建立。
場所:東上野4-5-6 広徳児童遊園内

 浅草周辺から上野まで歩いてきましたが、本当に様々なところにありました。戦争が起こさないために、どうするか? 今の時代にも大きな問題として課題が突きつけられています。
 戦争の悲惨な想いをしないためには、先人達が必死となり、平和になったことを間も低下ないといけませんね。

終わり

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)