そういう終わり方ね~とさせられた、映画「ツーリスト」

 映画はそこそこ楽しめました。

傷心を癒やすためイタリアを訪れたアメリカ人のフランク(ジョニー・デップ)は、ベニスに向かう車中で上流階級の美女エリーズ(アンジェリーナ・ジョリー)に声を掛けられる。魅力あふれるエリーズに誘われるがまま、アバンチュールに酔いしれるフランク。しかし、それはすべて仕組まれたわなだった……。
(あらすじより)」

 物語は、ある旅行者が目的地に向かう最中に、巻き込まれるトラブルがスタート。普通の旅行者が、命を狙われる、というもの。
 その展開は、見ていて、それなりに楽しませてくれましたが、ただ、まだ一歩、夢中になるまでにはいかなかった。アクションなり、色恋なり、ちょっとが中途半端に感じる展開。
 ただ、クライマックスの展開というか、終わり方は、まさかぁ~という感じで、それがいい意味でも悪い意味でも。つまり、その展開にちょっと落胆な感じと、なるほどね~っという感じが入り交ざった感じです(笑)。

☆☆★/☆5)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)