諦めない信念が得たもの、映画「スラムドッグ$ミリオネア」

 日本のクイズ番組「クイズ・ミリオネア」が、インドでも大ヒットして、それが映画になりました。

ネタバレ注意です。それでもokな方はどうぞ

インドのスラム街に生まれ育ったジャマール(デーヴ・パテル)は、人気番組「クイズ$ミリオネア」に出演していた。司会者であるプレーム(アニル・カプール)の挑発にも反応しないで、難解な問題の数々に冷静な対応するジャーマルは、とうとう最後の1問というところにまでたどりついた。正解すれば、賞金は2000万ルピー。18歳のジャーマルにとって、一生かかっても手にできない大金である。 危機を感じたプレームは、1日目の収録が終わったところで警察に通報してジャマールを拘束させた。拷問を受けるジャマールは、これまで過ごしてきた人生を告白する。彼と兄のサリームは、幼い頃に母を亡くして孤児となった。そんな二人が出逢ったのは、孤児の少女ラティカだった。彼らは自分たちを「三銃士」に見立てて、過酷な現実を生き抜いていく。しかし、孤児たちを搾取する大人たちのもとから逃げ出す途中で、兄弟とラティカは生き別れとなってしまった。ジャマールとサリームは、金を盗んだり観光ガイドのフリをして生き延びていくが、やがてサリームは悪の道を歩みはじめる。そんな兄とは対照的な生き方をするジャマールの心の支えはラティカだった。彼女と再会したい彼は、「クイズ$ミリオネア」への出演を決意したのだ。そんなジャマールの身の上話を聞いて同情した警部は、彼を釈放した。「ファイナル・アンサー」を答えるため、テレビ局のスタジオへと戻るジャマール。同じ頃、組織に監禁されていたラティカを救うため、サリームは自分の命を犠牲にしていた。最後の問題で、ジャマールは電話を使う「ライフライン」を使う。電話に出た相手は、なんとラティカだった。まるで運命のように、二人は再会を果たしたのだ。難問にも正解して、2000万ルピーを獲得するジャマール。彼の苦難に満ちたこれまでの人生は、ようやく報われた。
(あらすじより)」

 この映画、ヒットもしていて、気になっていました。
 結構、面白くて、インドの社会問題と深刻な問題を知るきっかけになると思います。それを映画を通じて。
 この映画、インドの社会問題を知るだけでなく、諦めず信念を貫くことの大切さも教えているように感じます。主人公は子供から青年までの成長の中で、様々な残酷な出来事を経験していきます。そうした経験がたまたま、クイズ番組の質問に出て、奇跡を生んでいきます。
 物語はクイズの成り行きと併行して、主人公の過去が展開していくという設定になっています。その設定がうまくいい感じで、つながっていて、見ていても飽きさせず、見入ってしまいます。
 そして、物語の展開から、主人公の性格と信念が伝わってきます。主人公が過去にも現在にも、信念を貫いていたことが、様々な誘惑や問題をクリアして、結果として子供時代をともにした、少女ラティカと会えることにつながりました。
 言ってみれば、主人公は諦めることなく信念を信じたからこそ、最愛のラティカと会うことができ、兄やラティカ、周辺の人々を変えることができ、さらには、クイズ賞金までも手に入れることができたのだと。
 それまでは、物凄く試練の大きなものだったことからも、応援したくなってしまうくらいでした。

 この映画、インド社会の底辺を垣間見える内容で、問題はまだまだ深刻なことを浮き彫りにしたものだと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)