今年のカレッタ汐留のイルミは「リュミエの森」(上)

 東京のイルミネーションで、特に注目しているのが、汐留にありますカレッタ汐留のイルミネーションです。初めて見た時は、その演出と規模に見入りました。
 イルミネーションを楽しむ季節になると、このカレッタ汐留のイルミネーションがどんな感じなのか、気になるものになりました。

 さてさて、今年のカレッタ汐留のイルミネーション「Caretta Illumination 2012」はどんな感じなのか?

 「新橋」駅から地下を歩いて、約5分。イルミネーションを目にした私がまず、思ったのは、例年より規模が小さくなった感じを受けました。そういう意味で、はじめはちょっと「あれっ!?」て感じで。

 ただ、よくよくイルミネーションを見ていくうちに、というか、演出を見て、ちょっと納得もしました。
 今年は、「3Dプロジェクトマッピング」という、実際の建物の壁面、窓などの形状に合わせて様々な映像を投影して、立体的に表現する技術を取り入れて、イルミネーションと融合させて、演出していました。つまり、3Dの映像と音楽とイルミネーションでコラボレーションして演出されているわけです。

 ショーの合間の通常のイルミネーションの状態。

  

  

 イルミネーションの演出している敷地は小さくなったものの、カレッタ汐留の一部の建物の壁面に3D映像がうつされて、イルミネーションと映像、音楽が演出されるという構成でした。

 

 演出は、「夢見る心や楽しい記憶が集う森」をイメージしたマッピング映像と立体的なLedの造形、そして華やかな音楽が、人々の心を温かく灯し、幸せな気持ちにさせてくれる光のイリュージョン、それが「リュミエの森」です。
 演出は、17時から20分おきで、約6分間。

○新橋側からの演出

○新橋とは逆側からの演出

○中間の場所からの演出

 と、3地点から撮影しましたが、全体を見るのは、やはり中間からが一番です。

つづく

開催概要
Caretta Illumination 2012「リュミエの森」
・期間:2012年11月15日(木)~2012年12月25日(金)
・時間:17時~22時30分(12月21~25日は23時まで)
・場所:カレッタ汐留 カレッタプラザ(東京都港区東新橋1-8-2)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)